0120-347-1120120-347-112

お役立ちコラム | 横浜の不動産・住宅ローンのお悩み相談窓口【MSJライフパートナーズ】

0120-347-112受付時間 10:00~19:00

お役立ちコラム

2020.12.24

家の解体費用の相場とは?補助金をもらうことはできる?

古い家の建て替えや、親から相続した空き家などを取り壊すときには解体工事が必要になりますが、気になるのがその費用です。
ここでは解体工事にかかる費用と、その際に受けられる補助金について紹介しています。現在または将来的に家の解体が必要になる方には、読んでおいて損のない内容となっています。

 

家の解体費用相場

 

家の解体費用相場はいくらぐらいでしょうか。一般的な相場をまとめました。

 

家の構造 30坪の解体費用 50坪の解体費用 坪単価
木造 60万円~120万円 100万円~200万円 2万円~4万円
鉄骨造 90万円~150万円 150万円~250万円 3万円~5万円
鉄筋コンクリート造 120万円~180万円 200万円~300万円 4万円~6万円

 

一軒家と言っても、平屋の小さな家から部屋が何個もある豪邸まで様々です。家が大きければ、それだけ取り壊すのに手間もかかりますし、解体で発生する廃材の量も多くなるため、工事費用は高くなります。また、家が木造であれば取り壊しもしやすいですが、構造体が鉄骨や鉄筋コンクリートであれば使用すべき重機も異なり、構造が複雑で頑丈であるほど解体費用は割高になります。
さらに、道路や敷地の広さによって、使用したい重機が搬入できない可能性も。そうなると手作業が多くなる分、解体費用がアップしてしまいます。

解体費用は坪単価で示されることが多く、1㎡は約3.3坪なので、延べ床面積が100㎡の家であればおおよそ30坪となります。
解体費用相場は木造であれば60~120万円、鉄骨造なら90~150万円、鉄筋コンクリート造(RC造)なら120~180万円です。

アスベストの含有や付帯工事でも費用は大きく異なる

解体工事費は、家の構造や廃材の量や家の立地でかなりの差が生じますが、他にもアスベストの含有や付帯工事の有無によって大きく異なります。古い家には、アスベストと呼ばれる有害物質が住宅建材に使用されている可能性が高いです。アスベスト含有の調査は義務付けられていることから、必然的に新しい家よりも費用は高くなります。アスベストは天然の鉱物繊維で、熱や摩擦や耐久性などに優れた性質をもっていて価格も安いことから、以前は奇跡の鉱物として重宝されていました。
しかし、今では発がん性もあることが分かり、2006年には完全に使用が禁止されました。

アスベストの除去費用は、それが使用されている場所や量によっても違ってきますが、一軒家でも数百万円の費用がかかることがあり、解体費用が倍以上になるケースもあります。解体をした後に大掛かりな整地が必要になる場合や、家以外にも車庫や小屋や塀やフェンスや庭木や庭石などの撤去が必要な場合もあります。付帯する工事が多ければ多いほど、当然解体費用が割増になります。

家の解体工事で補助金は受けられる?

前項でご紹介したように、解体費用相場は家が大きくなればなるほど高くなり、その他にもいろいろな要素が加わり、自分が思っていたよりも高額になるケースが多いのが現実です。解体費用はどこの業者に依頼するかでも変わってきますし、廃材の量でもかなり異なります。費用を抑えるには、相見積りを取ったり、解体前に自分たちで家の中の不用品やゴミを処分したりすることが大切です。
しかし、自分で何とかするには限度がありますし、補助金があれば活用したいですよね。補助金についても、見ていきましょう。

一定の条件を満たせば解体費用の補助金が受けられる

家を解体するすべてのケースで補助金が支給されるわけではありませんが、一定の条件を満たせば補助金や助成金を受けることができます。
補助金や助成金制度は基本的に自治体の制度です。街の景観を保つため、不法投棄を防ぐため、建物の倒壊などの危険性を排除するため、周辺住民の生活に悪影響を及ぼさないため、などの目的で実施しています。補助金や助成金は自治体が制度を運営していることから、受けられる条件ももらえる金額も異なりますので、詳しくは各自治体に確認しなければいけません。
倒壊の恐れがある古い空き家の場合は、補助金が受けられる可能性が高いので、まずは問い合わせてみましょう。

補助金の種類

家の解体工事で受けられる補助金にはいろいろな種類があって、自治体によっても同じ内容でも名称が異なる場合もあります。ここでは、その中から3つの補助金を紹介します。

 

◆危険廃屋解体撤去補助金

危険廃屋解体撤去補助金は、その名の通りに危険性が高い家を対象として支給される補助金制度です。各自治体が周辺に住む住人の安全配慮や、住みやすい環境にするために予算を設けています。

 

◆老朽危険家屋解体撤去補助金

老朽危険家屋解体撤去補助金は、長年にわたり管理がされずに放置されていた家を対象に支給される補助金です。補助金を出すことにより、家の解体を促進することを目的としています。補助金を活用するには耐震診断などを受ける必要がありますが、認定されれば解体費用の5分の1~2分の1程度を受け取ることができます。

 

◆建て替え建設費補助金

空き家でなくても、老朽化した家を解体するときに受けられる補助金も用意されています。自治体によって補助金を受けられる条件が異なり、建築費用の一部が補助されます。

まとめ

家の解体費用は、構造や規模や廃材の量によって大きく異なり、坪単価の相場も2~6万円とかなりの幅があります。さらに、アスベストの含有や付帯工事があれば解体費用が大幅にアップします。
解体費用は依頼する業者によってもかなり変わります。工事前に自分たちで不用品やゴミを処分することで金額を抑えることもできますが、地自体の補助金制度を活用すれば、解体費用を大幅に抑えることも可能です。
家の解体工事の補助金は、老朽化や倒壊の危険性があれば受けられる可能性が高いので、解体する対象物がそのような状態の場合は、工事前に対象となる自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

関連記事

  • 相続した不動産を売却する方法とは?相続した不動産を売却する方法とは? 「親や親族に不幸があり、不動産を相続したけどどうしたらいいの?」 「不動産を相続する際に気を付ける点は?」 「不動産を相続売却する際のメリットとデメリットは?」 あなたはこんな疑問をお持ち...
  • 住宅ローンがあるのに離婚する場合に注意することは?住宅ローンがあるのに離婚する場合に注意することは? どんなカップルでも、結婚するときはお互いを愛し、生涯一緒に暮らすことを信じているわけですが、それでも毎年多くの夫婦が離婚しています。 夫婦間に多額の貯金がなく、不動産などの資産もない場合は、離...
  • 住宅ローン返済窮屈の場合どうしたらいいの?住宅ローン返済窮屈の場合どうしたらいいの? 住宅ローンを利用したのはいいものの、昨今、業務短縮や賞与のカットなど月々の返済が苦しくなってきたという方もいらっしゃると思います。 そんなときはどうしたらいいのと悩む方も多いでしょう。 今回...
  • 不動産相続とは?相続後3年以内の売却が推奨されるのはなぜ?不動産相続とは?相続後3年以内の売却が推奨されるのはなぜ? 家族・親族の相続で、不動産相続の問題に直面する可能性が高い人は多いのではないでしょうか。 今回は不動産相続について、3年以内の売却が良いとされる理由についての解説をします。  ...

不動産、住宅ローン返済のご相談のお問い合わせ

横浜での不動産のお悩みや住宅ローン相談のご相談はお任せ下さい!
まずはお気軽にご相談ください。
※お客様の情報はご本人の許可なく流用はいたしません。例えご家族でも当方よりお伝えする事はできません。

  • 0120-347-112

    受付時間10:00~19:00
    ※メールからのお問い合わせは24時間受付中

  • ご相談はこちら