0120-347-1120120-347-112

お役立ちコラム | 横浜の不動産・住宅ローンのお悩み相談窓口【MSJライフパートナーズ】

0120-347-112受付時間 10:00~19:00

お役立ちコラム

2021.03.25

多重債務売却とは? 対処はどうしたらいいの?

今では住宅ローンを利用してマイホームを購入する方も多くなってきました。
しかし住宅ローンを利用したのはいいものの、返済することができなくなってしまう方もいらっしゃいます。
そして生活するお金もなくなり、住宅ローンの他にもお金を借りてしまい、多重債務者になる方も少なくはありません。
今回は多重債務になった場合の対処法をご紹介します。

多重債務売却とは

多重債務売却とは住宅ローンの他にも生活費なども違う場所から借り入れてしまい、複数の債権先がある場合に不動産を売却することです。
不動産を売却することで多くのお金を得ることができるので、借金の返済にあてようと考える方もいるでしょう。
しかし場合によっては不動産を売却できない場合もあります。
またできる事ならどうにか不動産を売却せずに、生活していきたいという方もいるのではないでしょうか。
今からは多重債務になった際の対処法を見ていきます。

多重債務になった場合の対処法

多重債務になってしまった場合焦ってしまうのが普通です。
しかしまずはあわてずしっかりとした対処をしていきましょう。できれば不動産も手放したくはないですよね。
以下では多重債務になった際のただしい対処方法をご紹介します。

返済方法の見直し

まずは返済方法の見直しをしてみましょう。
現在の月々の支払いが厳しいのなら、まずはどの程度なら払っていけるのか計算し、支払い方法を見直しましょう。月々の支払いを変更するには手数料もかかりますし、金利の金額は変わってしまいますが、所有している不動産を売却しなくてよくなる場合もあるのでぜひ検討してみてください。

債権先の1本化

多重債務になった際には債権先を1つにまとめることはできないか、確認してみましょう。
その際には1番金利が安いところに1本化するようにしましょう。
債権先が1つになることで支払いが楽になるのもそうですが、債権先が複数あると仮に所有している不動産を売却して返済にあてたいと思ってもできない場合があります。
例えば債権先がたくさんある場合、不動産の売却時には債権者から、抵当権解除と末梢登記をしてもらう必要があります。
不動産の売却額が借入している金額の合計を上回っていれば問題はないのですが、下回っていた場合は債権者と話し合う必要があります。
そのためにも債権先は1つにしておくことはとても重要だということがわかります。

それでも返済できなさそうなら債務整理

返済方法の見直しや、債権先の1本化などいろいろな方法を試してみても、支払いができなくなってしまうこともあります。その場合所有している不動産を売却するわけですが、どのように債務整理するかで、不動産を売却した時の結果が変わります。
以下では2つの債務整理について解説していきます。

任意整理

任意整理とは民間による債務整理の事で、民事で債務整理を行うため法的な制限があまりなく柔軟な交渉ができるメリットがあります。デメリットは法的な強制力がないことです。
そしてもし不動産を売却しても借金が残ってしまった場合は、分割して払っていく必要があります。

自己破産

自己破産は裁判所による債務整理で、自己破産が決定した場合は残っている借金はすべてなくなるという大きなメリットがあります。しかしデメリットも大きく、抵当権に入っていない不動産も売却する必要があります。
他にも公的な仕事ができなくなる、資格はく奪、官報に通知、信用情報へのブラックリスト入りなど多くのデメリットがあります。
ですからもし債務整理することになったとしても、任意整理で解決できるようにしましょう。

まとめ

まずは多重債務にならないことが大切です。
しかしどうしてもなってしまった場合はあわてず、専門家に助けを求め解決策を見つけましょう。
間違っても自らの命を絶つようなことは絶対にしないでください。

 

宮崎 正浩

宅地建物取引士 /住宅ローン診断士/住宅ローンコンサルタント

プロフィール

神奈川県内での不動産取引の経験が30年以上あります。
その中で不動産売却や住宅ローンのコンサルティングに力を入れています。
自己の体験や経験を踏まえてお客様と真摯に向かい合って対応をしております。
ぜひお客様の思いやお悩み事をお聞かせ下さい。

関連記事

  • 住宅ローン返済窮屈の場合どうしたらいいの?住宅ローン返済窮屈の場合どうしたらいいの? 住宅ローンを利用したのはいいものの、昨今、業務短縮や賞与のカットなど月々の返済が苦しくなってきたという方もいらっしゃると思います。 そんなときはどうしたらいいのと悩む方も多いでしょう。 今回...
  • 住宅ローンの契約者が死亡してしまったら返済はどうなる?住宅ローンの契約者が死亡してしまったら返済はどうなる? 一般的に住宅ローンは数千万円にもなるため、完済までには数十年の時間を要します。 したがって、ローンを組む時には定年前に支払いを終えられるようにするなどの返済計画を立てますが、病気や事故などで返...
  • 古屋付き土地売却のメリット・デメリット古屋付き土地売却のメリット・デメリット 古屋付き土地売却のメリット・デメリット   「古屋付きの土地を売却したい」「もう家は古くて住めない」「壊して更地にしたほうが・・・」 こんな悩みを持っている方、空き家のま...
  • リストラになってしまい住宅ローンの返済が困窮リストラになってしまい住宅ローンの返済が困窮 今回は「リストラと住宅ローン」についてお話させていただきます。 昨今、各大手企業が早期退職やリストラを率先して人員整理を行うケースがニュースなどで取りざたされております。 新型コロナウイルス...

不動産、住宅ローン返済のご相談のお問い合わせ

横浜での不動産のお悩みや住宅ローン相談のご相談はお任せ下さい!
まずはお気軽にご相談ください。
※お客様の情報はご本人の許可なく流用はいたしません。例えご家族でも当方よりお伝えする事はできません。

  • 0120-347-112

    受付時間10:00~19:00
    ※メールからのお問い合わせは24時間受付中

  • ご相談はこちら